2018/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

ビオトープって言葉

最近 前ほど聞かなくなった。

“野生動植物の安定した生息空間”

それを意図して造られたか、どうかは定かではないが、

充分 昨日する空間を造るのに携わらせていただいた。

選ばれた植物も多種多様

大きさも、高木、中木、低木、地被、グランドカバーと色々

決して広くはないが、丘あり水場あり

偶然かもしれないが、早速 鳥が桜の樹に止まりにきてた。

 

明日完成予定 ではあるが、

作業してて、清々しく、気持ちよかった。

依頼者のこだわりも、しっかり はっきりしてて、

作業しててもスムーズ。

 

楽しく作業が一番。

間違い無いです。

お世話様でおかげさん。

 


仕事でも、遊びでも、
見渡せば、自分より若い人達ばかり
なんて、気づくことが多くなった。


それまでは、
見渡せば、自分より年上の方ばかり
なんて、思ってたことが多かったのに…


そりゃ 確かにまだ年上の方に囲まれてなんやかんやする事も、

年上の方と遊んでもらってることもあるけど、

年々それが減って、逆の気付きが多くなったのは確か。


それと共に、自分の振る舞いや態度も状況に合わせて

変えなきゃ あかん時もある。


大人になるってのはこういうことか…
と世間一般 ずっぽりおっさんが思う事はおかしいと思いながらも変えなきゃならない。
変わらなきゃならない。
それなりに映るよう、頑張ることに致しましょう。


あぁ 馬鹿馬鹿しい。
あぁ 馬鹿馬鹿しい。
情けない。


ひとりの大人として関わっていきたい。
ひとりの大人として関わっていこう。
と思ったのは、数年前。
それなりにしっかりしてきた。
多少の細かいところは目を瞑ろうと目もつぶってきた。


神様じゃないんだから、うっかりやミスは誰にでもあるのだから…
‘にんげん’だから、完璧を求めてはならない。
目を瞑るたびに蓄積されている感はあった。
逆の目線で、
‘にんげん’だから、完璧に近づけようと意識.努力しなくちゃならない。
そういう考えもある。
意識なしの「まぁええっか。」
これが続くとあかんでしょ。
やんわり注意で忠告して、いい返事をしてるのに、実際またやってる。
これはあかんでしょ。


意識なくして、 改心なし。
改心なんて大層なものじゃない。
決して、難しい事ではない。


ただ、甘えの根元「まぁ ええっか。」が、元凶
大人対応を求める‘にんげん’同士の葛藤
お互いが馬鹿馬鹿しさを感じてたらあかん。
もぅ これっきりにしていい関係を一日も早く完成させたい。

 


現場打合せに行きました。
初めてお会いする関係者
みんな、やる気満々 みなぎるやる気
いい雰囲気の現場です。


お互いがお互いの仕事をして、1つの現場を完成させる。
そして、関係各位 満足。納得。満足。
表も裏も 内も外もなく、

本当の意味で私もその仲間に入れてもらえるよう

一杯 私の担当果たします。

やらせてもらいます。


はりきってまいりましょう。

なんかテンション上げさせてもらった。

有難い。有難い。


梅雨の晴れ間というよりも、

雨が降ってないというだけなのだが、

それだけでうんと仕事がしやすいような気がする。


本日の業務 除草.徒長枝剪定.薬剤散布
先ず、除草 
「俺が通った後は草一本残さない。」
なんて意気込みで臨むも、しゃがみ作業はやっぱり腰が痛だるくなる。
膝をついての作業で作業ズボンの膝周りが昨日の雨で染み染み濡れ


次に元気のいい枝を剪定
やっぱり枝葉に付いた雨の滴でシャツ濡れ


最後に薬剤散布 どんより曇り時々、お日さん照りの今日の天気
「雨よ、降るなよっ」と心配しながらの作業


何だかんだ言って、梅雨入り宣告済のこの頃
天気の動きと雨に何らかの影響を受けての作業がしばらく続きそうです。
それだけでも、内外ともにさっぱりしない、

鬱陶しさ漂う空気に嫌気がさしてしまう。


まぁまぁそんなこんなで作業するしかないです。
お仕事ですから…