2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

お盆直前、お盆週間 突入

学生達も夏休みに入り、

夏の休みモードに周りの雰囲気も

移行しつつあることを感じる今日

 

御先祖様も年に一度 帰って来られることだし、

今年はしっかり お参りさせてもらおう。

近況報告と生前 勝手したことのお詫びをさせてもらおうと思う

今年のお盆です。

 

改めて、今こうして生活していることを

当たり前だと流している勘違いを改め、

生かせてもらってるという“おかげ”について、

深く考える期間にしようと思う今日

 

なぜ今日かというと、世間でいうお盆に先立ち 仏様の前でお寺さんに来て頂き、

手を合わせたから…

 

いつもと違う生活行動があった時に、気づくというのも

失礼かつ、情けないことではあるのだが、

それすら、淡々と流すことなく心に留めることができ

これも先祖様のおかげと心に言い聞かせ、

感謝と謝罪の念を想い、伝えれればいいかと思う。

 

無事、想いが届けばこれまた感謝だし、

自分自身も納得できるのではないかと…

 

想いを届け…


スーパーでレジ待ち

前のおばさんがカゴいっぱいの食材をレジ打ちしてもらってた。
レジ待ち中は見るところは前のレジ打ち光景を見るしかない。
最後までカゴにあったのがきゅうり 3本
最後のレジは、“きゅうり 1本 48円”
きゅうりってそんな値段で流通しているのか…
高いのか、安いのかもわからない。
個人イメージ的には高いイメージが勝っていた印象


きゅうりは未だ自分自身 買ったことはない。
そう思えば、有難い。有難い。
義父はじめ、近所のおじさんからちょくちょく頂ける四季折々の野
この時期 母からは、きゅうりやナスの糠漬けも貰える。
いかに有難いことか…


スーパーで野菜がお金と引き換えに

自分のものになる光景を目の当たりにして、

感謝の感情が生で感じれたひと時でした。


決して、習慣づいてしまって、当たり前と思ってはいけない。
頂ける事に感謝。感謝。


あいつにあげよう。
あいつの家族に食べさせてやろう。
というお気持ちに感謝。感謝。
 


 



国外なら最高
いやっ国内でも、構わん。
贅沢申しません。
近畿はちょっぴりどんまいな気分

南国に行ってバカンスってやつをして見たい。
そんな気分満々にさせられる本日の作業

残念ながら、ここは海とは無縁の“なら”でした。
暑かったのなんのって…


南国楽園なら、そのままザブンできたのに、
汗満々でびっちゃんこ
おんなじびっちゃんこでも、大違い。
嗚呼。


いつだったか忘れるくらい、

この世に一般にお茶が売られ出した頃、

「お茶にお金をかけるくらいなら…」

なんて頑固に拒否してた。


まもなく、水が売られる様になって、
「ここは日本。上水道は素晴らしいんやっ。
   なんで、金出して買わなあかんねん。」
なんて更に頑なに拒否。


今や、ペットボトルのお茶をいただくことが多く、

飲むことも多くなってる。
しかも間違いなく美味い。
でも、未だ自ら好んで手にとって購入することはまずない。


ところが、水は更に上をいく。
普通の浄水器ではあるがそれを通った水道水と

あちこちで売られてる水とは大違い。
私の中ではあれは水でなく、ウォーターという飲み物。
我が家にペットボトルのウォーターは常に冷蔵庫の中にある現状
しかも、毎日凍らせて持ち出してる。
この時期の灼熱地獄から一瞬でも解放される

最大のアイテム 冷たいウォーター


特に過酷の状況下で飲むそれは味が無いのに美味い。
なんなんやろう。あの飲み物。
お茶よりも、ウォーター
のどごしよし。あと味よし。
さっぱり感 満点。
以前の拒否してた自分が恥ずかしい。


そういえば、白の無地のTシャツを着ている事も多くなった。
おんなじ感覚なのか…
何も混じってない素朴なものに惹かれる事に気づく。
48歳 2日目の壱人言
 


良かれと思ってやってくれたのに、
余計なお世話を通り越して、
何も考えない無神経な奴呼ばわりで

批判の対象者にでっち上げられちゃう。


行為そのものは大したことないじゃん。
ってか、良かれと思ってやったんやん。


結果どうであれ、感謝されるべき
なのに… 非難されちゃう。
甲斐ないやん。
その人の心にぶつかったものの方が大きいんじゃないの…


簡単なこと
何故こんな事になったの
推測でもいい。
原因探ろうよ。
そしたら見えてくるじゃん。
良かれと思ってやってくれたんやん。
そしたら、先ずは感謝でええんちゃん。
それが自然やん。


裏目を表に出して評価しよう。
明日は我が身


そう言い聞かせた48歳 初の日の今日の壱人言