2020/03

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

先日 我が家の末っ子が高校卒業
例の影響で寂しい卒業式だったようだが、

無事卒業 進路も決定している。

 

これで我が子3人共 年頃になった今だからこそ思うこと。

ゆとり世代〜そういう時代になったのかもしれないが、

与えられ慣れしてしまって、求めることが希薄になった我が子世代
守られる事の安心を感じながらここまできた。


私もそうだったし、今なお 誰かに守られてると感じ、

安心を得ているのかも知れない。
と同時に、反面 守ってくれる人に対する憧れから、

誰かを守ってやりたいという気持ちも強くなるのかも知れない。


母を守る。祖母を労る。兄弟と協力する。


自分より弱い者を守るのが“守”ではない。
“守”は“優しさ”
“守”は“強さ”
守り、守られ 誰もが成長していく。
生きていく上で重要かつ必要不可欠な意識行動のひとつ


日本の意識 “お互い様の精神”って、

そこから生まれてきたのではないか…

と思う。


もはや、

強いから守る。
弱いから守られる。


そんなことはないということがやっとわかってきた気がする。


comment