2019/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

「親孝行しよう。」

そういう意味ではなく、最近積極的にしようと考えてること

“母親との会話”

独身の頃は、洗濯、食事 お世話になってたし、

いやが応にも、会話してた。

というより、会話せずには生活できなかった。

独立した所帯を持ってからは、

会話せずにも、生活しなければならないようになった。

 

でも、母親との会話を意識してる。

やっぱり、私の人生 一人で大きくなったわけではない。

背負うもんができ、自分の生活に必死になって、

年々 おばぁちゃんになっていく母親を気にしてるなら、

行動で示した方かいいと思うから、

会話って、今更ながら いろんなことが察知できる。

 

未だに、注意を受ける。

未だに、心配してもらえる。

でも、ちょっぴり 頼られてる気もする。

 

今日も、「あんた 変わった樹が好きやなぁ。」

なんて 言われながらも、きっちり “天梅〜磯山椒”の盆栽

3つあるうちの1つを持って行かれた。

 

私の内心

私に育てられるより、おかんに育てられた方が、

立派に成長するに違いない。

そんな想いで気持ちよく譲ることができたのも、

いろんな母親に対する感情がそういう気持ちにさせるんだろうと

素直に思った。

 

そんな 父の日の贈り物を昨日もらいながらも

こんなことを考えてた本日の壱人言


comment









trackback