2019/03

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

手を道具として捉えた場合、
これ程優れた道具はない。

掴む。
持つ。
感じる。
いろんな道具を操る。

しかも、どれをとっても加減.調整ができる。
頭と連動してるから面倒な設定不要。
防水防塵
傷がつきやすいのは玉に瑕
しかし、軽微なものなら自己再生機能付

やれ、人工知能や、ロボットや、

といってもそれを動かす最初の動作はこの手やもん。

生まれた時すぐから何かを握り、

何かを掴んでるから、有り難みが薄れてるかも知れない。
しかも、2つも備えてる。
手の不自由な方には気の毒だが、

不自由なりにも器用さが優れていて感心する時も少なくない。

やはり、手は道具のトップに君臨し続ける最高のアイテムである。
これまでも、これからも…

神様 よくぞ 我々に備えてくださった。
改めて、感謝。感謝。


comment









trackback