2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

蓮の花が気になります。


この時期 ピンクと白の混ざり具合が様々な美しい花を咲かせてます。
どれも絶妙な色合い
育ってる環境といい、
葉の大きさ形といい、
花の大きさといい、
花の色.形と葉の色.形、それらのバランス
どこを取っても非の付けどころがない。


よくお寺にかめの中で育てられ、いい雰囲気を醸してる。
実に神秘的な植物です。


花の後の実の部分も姿を180度変えまた不思議な形を表す


蜂の巣のようでもあり、また別の巣のようでもあり、

集合住宅のよ


仏像やその装飾や関連する絵にもよく見かけ

“仏”というイメージから更に、“守られてる”っていう

感じがするのは私だけではないのではないでしょうか…


神秘的で、美しく、心休まる
そんな蓮にまつわる本日の壱人言




こんなんえぇ。
似ても似つかぬ葉と花
水の中で生きる植物
やはり目につき、惹きつけられます。

この先 どんなに美しさを強調表現するのか…
期待満々

心の一部を支配されます。

七部咲き位が丁度いい。
希望を感じ、期待持てるから…

一番蓮みぃつけた。
この蓮という花は女の子ですねっ。
私の中では…



いつかも忘れた。
現場で、「持って帰ってくれ。」と言われて
持ち帰った蓮

そのまま 手頃な桶に入れて 植木畑 放置

今朝 ふと 花に目が行き 注目 接近 思わず撮影
私にとって、忘れていた
そして今期初めての一番蓮

かなり雑いですが…

花が咲くと注目される樹々含め植物
花を持ってなければ知らんぷり
可哀想…
ほんとはそんな存在ではあかんのです。

美しい花を見るために何をしてあげるか…

花のもつ期は短いです。
花をもたない期は長いです。
花もち期のみ注目して愛でるのはずっこい。
そう反省させられました。

自宅近くの山のある池には、
今時分 蓮の葉で池全体が覆われるほどの
蓮の池
があります。

おっちゃんが言ってました。
「ぼちぼち 朝 この池で蓮が泣きよるぞっ…」
私は聞いたことがありませんが、
朝花開くとき “ぱん”とか“ぽん”
とか聞こえるくらいの音を出して
花開くらしいです。


今期は花開き見物
聞きに、見に行ってみようかと…

この娘は昼になると暑さを避けてか…
汗かいて不細工になるのを見せまいとするのか…
花を閉じてしまい隠れてしまう。
恥じらいを感じる

可愛らしい娘です。

興味深く面白い植物です。

本日、とある お寺にて作業
着いてすぐに目に入ったのがこれっ



目に入って思ったのがこれっ

知らぬが仏に知らぬが花
そんな古い言葉があるけれど、
知るも知らぬも仏の気
蓮にはそんな力が…
雰囲気が…

魅力のある花を見させていただきました。

合唱

「鉄線(テッセン)」
夏にきれいな大きな花をつける‘つるもの’
園芸品種でよく「クレマチス」という名で
流通しているあれです。



よくよく調べてみると、滅茶苦茶 種類がある。
実に奥の深い‘樹’である。

今日、お客様の依頼があって、材料屋さんに注文入れた。
明日には、届き 明後日か明々後日には、
お客様の家に嫁入り。

つるを誘引するための 四つ目垣とともに、
初夏に大きなきれいな花が咲くよう、
きっちり植えてやろう。