2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

仕事に行く時は、トラックか、軽トラ
これが当たり前になってた。

 

最近 植木市開催の店 出動やから、
トラックは特に必要ない。
当日指定の配達等が生じても、

軽トラなら開催地のホームセンターで軽トラ借りれるし、

そうそう当日配達指定のお客様もいない。


なので…
発想の転換 バイク通勤
なぜもっと早く気づかなかったのかって感じ


トラックなら大体 片道1時間半かかる。
バイクなら、1時間かからない。
かなりの時短になる事を証明


季節もよくなったし、ちょっとしたツーリング感覚で

行き帰りを楽しむことができます。


いつも同じ時間帯の行き帰りの道中
渋滞ポイントもいつも一緒
うんざりしてました。
朝夕の混雑時間帯のバイク移動 ありです。


昨日今日とあっついです。

フェーン現象とかいうやつらしく

何がどうなってこうなるのかわかりませんが、

日中気温30度前後

感覚的にすっかり夏に戻ったよう

 

先日の台風で葉をもぎ取られた桜が、

あったかくなって春が来たと勘違いして

花を咲かせたところもあったとか、

私も昨日から始まった植木市で、

いい色に色付いた身をつけた富有柿の木の側で

ごそごそしてたら、すっかり汗だく

夏なのか、秋なのか、迷う感覚

 

“旬柿の実 傍で汗垂らす 五つ目の季”

 

貴重な体験として覚えておきましょう。


止まない雨はない。

というけれど、

待ってられない時もある。

雨を操作することは何人たりもできない。

 

止むのは分かってても、今止んでくれ。

当然、そんな都合に合わせてくれることもなく

容赦なく強まる雨の中 待つ時間もなくびっちゃんこ

 

そしたら、しばらくしたら

きっちり空が青くなってきた。

 

あの雨は、このびちょはなんやねん。

悔し、もどかし 朝一番


少子高齢化というけれど、

実際、ほんまにそうかもしれない。

 

私がえぇ歳になっってるからと思いきや、

実はそれが原因ではないみたい。

 

最近、関わる人のかなりの割合で自分より年上の方

それに加え、

本日 順延となった地元の中学校の体育大会を

少しだけ覗きに行った。

 

そこでの生徒数の数に実感せざるを得ない光景を目の当たりに...

断片的にしか今まで見えなかったのが、

集合体で見るとそれがそのまんま

 

あまりの少なさに驚きました。

 

なんだか可哀想に思えた。

 

そりゃそうです。

学校におけるクラスやクラブ活動 多い方が面白いし、

刺激的。

 

そりゃ 社会問題になります。

 

先の台風もそう、世間で騒がれている諸問題も、

自分のところは別問題

そんなところがありました。

 

なにせ 実感が湧かなかったから...

 

実感を体感してしまえば、

こうも「えらいこっちゃ。」になっちゃうんです。

 

そうなってからではもう遅い。

遅いんだけど、自分ではどうにもできない。

 

全体で本気で考え、動かなきゃならないんです。

今なら、よくわかります。

 

 


こんな日もあるさっ。
高速乗ろうか…微妙な距離の現場
敢えて、高速に乗らなかった。
高速代をケチった訳じゃない。
敢えての下道 渋滞覚悟

のんびり 考え事をしたかったのかも…
自然に、知らず知らずのうちに下道を選択してた。
車の中はひとりぼっちの特別な空間
色々想いを巡らせるのに絶好の環境

高速に乗って、高速渋滞に巻き込まれた時の感情とは天と地の差
事前に覚悟してるのとまさかの誤算がおこるのとでは大違い。


人と関わり、助けてもらい、協力しあうことなしでは生きていけない。
それをスムーズに対応していくためにも、

ほんのひと時、ひとりぼっちで想いを巡らせる場面も必要なのです。
 


足の指と指の間が痒みを感じる。
何もしてなければなんともないのだが、
ちょっと触ったり、

その部分を洗ったりしたら、

痒みが生じる感じ
「それは水虫。」
「これが水虫ってやつか。」
嫁さんに言われ、やっと自覚。


早速、薬局へ薬を買いに行った。


そういえば...
いつも使ってる耳かきも痛いだけでたいしてよくない。
耳かき ゲット


そういえば...
時に、目がしょぼしょぼする。
目薬 ゲット

思っていてもなかなか行動に移さなかったモノを

そういえば…、ついでに… ゲット

そんなものかもしれません。
わざわざ…と、動かなかったモノが手に入れて使うと効いてくる

思った時に行動とるものってよっぽどのものなのかもしれません。
それでも、まだ動かない。

気になってるのに行動に移せない。
即刻、行動に移すべきです。
早く手を打った方が絶対的にいい方向に進むものです。


怒涛の1週間が終わった。

思い立ったら、即 行動。

やろうと思ったことは、やらないと気が済まない。

ましてや、明日へ先延ばしなどもってのほか

こんなんやから、ますます自分を追い込んでしまう。

次々に、やること生じ、思いつくので、

常に追い込まれてる感覚

風呂に入ると、一旦リセット

起きたら、また始まってる。

そんな連続

今週は特にひどかった。

 

わかってるのに譲れないし、許せない。

これが、気性というものか...

 

吉なのか、凶なのか...

 

自分に合わせてくれて、

人に迷惑かかってなければいいのだが...

 

今日 母親に、

「ほんまにあんたは...」

と言われ、

はっと再認識してしまった。

 

どうせ、明日もゆっくりしないんだろうなぁ。

 


遠方から嬉しい便り
結果は後日 発表らしいが、

目標に向けて頑張ってる。


長い夏休みもほぼ毎日それに打ち込んでたらしい。
一緒に住んでないからこそ
そんな便りはたくましく思える。


励みになります。
刺激になります。
プラス作用が働きます。


それだけ打ち込んでたら、身体の一部も酷使してるだろう。
つぶれないかが心配
機械でも使いっぱなしはつぶれちゃうもの
ケアも怠ってないとはいうものの、

所詮人間の身体は弱いもの


心配は付いて回るが、
是非ともいい結果が出て欲しい。


仮に出なくても、「まだ足らんかっ…」
そう思って更に頑張り、目指して欲しい。
こちらも、

「まだ頑張らなっ」
いい相乗効果が生まれてる。
ええやん。ええやん。


敬老の日の今日
“お年寄りを労らい、敬う。”を確認する日と捉えて
昨夜 1日早い 一番身近に居る年配者 母と晩飯食いに行った。
まだ、もう少し労らえる歳
それが過ぎると労らわれる歳になる世代
そんな歳になったんだと自分を見つめる機会をもらった昨日。


なんか微妙な祝日ですねっ。
“敬老の日”


労られる側も、労わる側も、こっぱずかしい。


世の中には色んな人が居てはります。
労らわれるのに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。
どちらかといえば、そういう歳のとり方したいものです。


「まだまだ現役。」「まだまだやれるでっ。」
こうでありたい。


あっそうそう、今日スーパーで昼飯持ってレジに並んでたら、

前のカゴにいっぱい食材詰まったおじぃさんから、

「兄ちゃん はよっ 飯くいたいやろっ」
「先にレジ済ましっ」
って、順番譲ってもらった。
正直、嬉しかった。


そのおじさんがいい例
そうでありたい。
お言葉に甘えた私はなんなんだろう…
まぁ とにかく、いろんな想いがよぎった2018 敬老の日の壱人言。


自分で、「忙しい。」とか、「大変だ。」
とか、「疲れた。」とか、

口に出したくない。


そんな想いがあるのだが、
最近 バタバタ 余裕なし。

 

やらなければならない事
何か漏れがないか冷や冷や
そんな9月の始まり。


一気に大波がきて、それに乗ろうとしてる感じ。


そんな時、待ち合わせのほんの数分、十数分が、

安堵とほっと一息つく最高の時間
その時は極力何も考えず、ぼんやりする。
それがたまらなくいい時間。
気持ちを切り替えるいいタイミングが産まれます。


わずかな時間でいい。
そんな時間は行動する上で必ず必要。
結果、効率よく動けるような気がする。