2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

何でもかんでも、思った事を言い合って論議する。
そして、プラス方向に進む建設的な、

これから取るべき行動の方向性を決める。


素晴らしい。


決して、揉めるのとは全然ちがう。
論議して、認めるべきところは認め、
諦めるべきところは諦め、
人の意見をしっかり聞いて理解する。


いかに大事なことか…


保守的な意見

攻撃的な意見
周りを気遣い感 盛々の意見
そんな議論の場 素晴らしいと思う。


なかなか、思った事をぶつけられる場ってないですもんねっ。
そぅ 身近な組織間でも…


自分はこう思うが、あなたはどうですか…
これが基本


浅はかさを気づかせてもらえることもあるし、
同調してもらえることもある。
他の人の意見も素直に聞いて、

頑固にならず柔軟に対応

持論を変えもありあり。


こういう環境下で論議し、

出た結果はうまくいくとは限らないが、

少なくと次の行動のモチベーションアップに間違いなく繋がる。


立場地位関係なく論議できる場を求む。


そんなお盆休み直前の壱人言で前半戦締めくくらせてもらおっと…
 


専門家でもなければ、

奥深く調査したわけでもない。

勝手な想像なのかも知れない。

声高らかに大きな事を言える立場でないのは重々承知
あくまでも個人の意見として、最近気になり、ため息がでる。

 

密告して相手をおとしめる大作戦
ニュースに出てきて、「またか…」とうんざりする。
社会全体に影響をすごく与えるのか…
と冷静に考えたら、そんな事象は少ないのではないかと思う。
世間の興味をそそるという意味では大きい事象が知れないが…
興味を高め、広く広める。
大騒動に期待
こちらに重きを置いてるのではないかと疑ってしまう。

 

アメフト問題から始まり、

ボクシング、

自動車の燃費検査.排気ガス検査の問題などなど


当事者間できちんと処分なり、注意なり、罰則なりすれば、

以後そういう問題を繰り返さないように対応すれば、

それでいいのではないかと個人的には感じて、

「またか…」と思い見ているのだが


先日の大雨による水害、地震、台風など、

自然災害や人的災害でも

不特定多数の人たちを危険にさらすものは

もちろん取り上げてもらい注意を喚起したり、

今後の対策、災害に見舞われた方々の支援.見舞に

生かされるべきだと思うのだが…


密告して、相手をおとしめる作戦は、

なんか小さく、いやらしさを感じてしまう。
たとえそうでなくても、そう感じてしまう
そうなってしまってるところが残念だ。


ニュースでは、未だ 「猛暑。猛暑。」と言うけれど、

早朝、夕暮れ、夜はかなり涼しくなった。

というか、暑さが穏やかになったと感じる昨日今日


「ええぞっ。ええぞっ。」
「この調子。この調子。」
とほくそ笑んでる。


こうなれば、以前導入の1人サマータイムも俄然張り切っちゃう。
このまま、

“活動うんざり”から“活動てきぱき”

に移行すればいいのだが


お盆直前、お盆週間 突入

学生達も夏休みに入り、

夏の休みモードに周りの雰囲気も

移行しつつあることを感じる今日

 

御先祖様も年に一度 帰って来られることだし、

今年はしっかり お参りさせてもらおう。

近況報告と生前 勝手したことのお詫びをさせてもらおうと思う

今年のお盆です。

 

改めて、今こうして生活していることを

当たり前だと流している勘違いを改め、

生かせてもらってるという“おかげ”について、

深く考える期間にしようと思う今日

 

なぜ今日かというと、世間でいうお盆に先立ち 仏様の前でお寺さんに来て頂き、

手を合わせたから…

 

いつもと違う生活行動があった時に、気づくというのも

失礼かつ、情けないことではあるのだが、

それすら、淡々と流すことなく心に留めることができ

これも先祖様のおかげと心に言い聞かせ、

感謝と謝罪の念を想い、伝えれればいいかと思う。

 

無事、想いが届けばこれまた感謝だし、

自分自身も納得できるのではないかと…

 

想いを届け…


いつだったか忘れるくらい、

この世に一般にお茶が売られ出した頃、

「お茶にお金をかけるくらいなら…」

なんて頑固に拒否してた。


まもなく、水が売られる様になって、
「ここは日本。上水道は素晴らしいんやっ。
   なんで、金出して買わなあかんねん。」
なんて更に頑なに拒否。


今や、ペットボトルのお茶をいただくことが多く、

飲むことも多くなってる。
しかも間違いなく美味い。
でも、未だ自ら好んで手にとって購入することはまずない。


ところが、水は更に上をいく。
普通の浄水器ではあるがそれを通った水道水と

あちこちで売られてる水とは大違い。
私の中ではあれは水でなく、ウォーターという飲み物。
我が家にペットボトルのウォーターは常に冷蔵庫の中にある現状
しかも、毎日凍らせて持ち出してる。
この時期の灼熱地獄から一瞬でも解放される

最大のアイテム 冷たいウォーター


特に過酷の状況下で飲むそれは味が無いのに美味い。
なんなんやろう。あの飲み物。
お茶よりも、ウォーター
のどごしよし。あと味よし。
さっぱり感 満点。
以前の拒否してた自分が恥ずかしい。


そういえば、白の無地のTシャツを着ている事も多くなった。
おんなじ感覚なのか…
何も混じってない素朴なものに惹かれる事に気づく。
48歳 2日目の壱人言
 


良かれと思ってやってくれたのに、
余計なお世話を通り越して、
何も考えない無神経な奴呼ばわりで

批判の対象者にでっち上げられちゃう。


行為そのものは大したことないじゃん。
ってか、良かれと思ってやったんやん。


結果どうであれ、感謝されるべき
なのに… 非難されちゃう。
甲斐ないやん。
その人の心にぶつかったものの方が大きいんじゃないの…


簡単なこと
何故こんな事になったの
推測でもいい。
原因探ろうよ。
そしたら見えてくるじゃん。
良かれと思ってやってくれたんやん。
そしたら、先ずは感謝でええんちゃん。
それが自然やん。


裏目を表に出して評価しよう。
明日は我が身


そう言い聞かせた48歳 初の日の今日の壱人言


「さぁ…」ってなにか行動を始める時、
前の人がそのまんまとか、
まぁええっか…の残骸を目の当たりにしてしまって、

片付けからとっかかる。

これってテンション急降下
片付けてある状態から、

マイナススタートでなく、

ゼロスタートしたいんだが…

開始が片付けから…
より、
終了が片付けてから…


これに徹してほしいんだよなぁ。


簡単な事なんだけど、
幼い頃から教わり続けてきた事なんだけど、
なかなか出来ない人がいる。
やればできるはずなのに…

僕はというと…
もちろん 意識してますよっ。
実践できてるはずなんですが…


人のものやから、乱暴に扱う
公のものやから、汚しても御構いなし
自分のものやないから、使い放題、やり放題

こう思ってるから、実際行動にも表れる。
これが負の根源


いくらお化粧して綺麗にしても、
なんぼええもん身につけても、
それが垣間見れたら、

恥ずかしいよぉ
見られてるんだよぉ
一番恥ずかしい事なんだよぉ


人として、人なんだから…
見られてようが、見られてなかろうが、
胸を張って生きていきたいやん。
人のもの、公のものやから、ええねん。
自分のものやったら、大切に丁寧に扱う。

この考えが負の根源


皆が改めたら世の中 絶対かわるはず
自分に関わるものには最低限の責任ある行動を…

先の大雨の被災地のボランティアさんの映像を観て、
あんな人もいてはるんねん。
反面、こんな人も仰山いてはるねん。

考えから改めよう。
こんな人にならないように…
 


「言うた」「言わん」の話ほど聞苦しいものはない。
こうなりそうなら、なるべく降りるようにしている。
さほど、重要な話に展開しかねない限りは…
かといって、
文書を交わすほどではないし、
口約束ほど怖いものはないと感じる時でもある。


さほど、重要な内容に展開しないのなら、

突き詰めて何を大事にすべきか考えるべき。
お客様とか、大事な第三者が重要ならその人のことを考えて

ベストの方向で対処すべきだし、
相手との人間関係を大事にすべきなら、折れることも必要


自分にとって重要な話に展開するようなものなら、

最初から文書を交わすべきだし、

そこまでする必要がないと判断したのなら何を守るべきか考えて対処すべき


これが大人の対応というものなのかも…


気持ちは分かるが、

明らかに、意地の張り合い、頑固と頑固のぶつかり合いは

避けるべきなのではと思う。
見てて、見苦しいし、大人気ないし、

何よりも自分の気分もどういう結果に出ても釈然としない。
やっぱり、釈然としない状態をなくし、

ひと時の我慢と割り切りと、自分への言い聞かせですむなら、

周りも自分も雰囲気良くすることに努めるのもありではないかとおもうのだが…


意地をへこますのもなかなか大変なもので、

みんながそう思うことが出来たら、
「言うた。」「言わん。」の見苦しい言い争いの場面に

出くわすことも少なくなるのではないでしょうか。


見苦しい状況を見せたくないし、見たくもない。
ましてや、作りたくないもん。
 


歯磨きする時、歯ブラシを当てる角度
玉ものの樹を剪定する時の大鋏を入れる角度

接近、接触する時、角度って重要
接近角度を誤れば、

意味のない磨きになるし、形も整わない。

歯磨きする時も、剪定する時も、

この角度ってやつを意識してます。

そういやっ

人との関わり、

特に初対面やまだ浅い人間関係の関わりの時って

その人との接触、その人をみる時も、

この角度ってやつが重要ですねっ。