2019/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

京都府綴喜郡 いいところ
今日はそこで作業。

 

やっぱり、なんでも環境ですねっ。
夕焼けが映えてました。
そして、紅葉具合が最高。
よぅ こんな色だせるなぁ。
と感心。
紅葉はもちろん、花水木なんかも大阪市内では見られない色を発してます。
茶畑の段々もこもこも美しく
いいところだなぁ。
と思ってました。

 

若い頃なんかそこまで感動しなかっただろう光景に心躍らされました。
改まった旅行もいいけれど、

予期せぬ絶景との出会いは格別な気分にさせてくれます。
もっともっといい環境の場所にどんどん行って躍りに踊らせてもらいたいものです。
 


樹の根はすごい。
そりゃそうです。
電信柱を立てるのにどれだけの深さ埋めてるか…
それが穴を掘って植えただけ
あるいは、種が落ちて大きくなった樹
年月をかけて成長し、同時に根を伸ばす
生き抜くために、少々の風ではへっちゃら。
簡単には倒れない。
基礎なんか施さない。
自分で自分を支える術をフル発揮

 

それを我々が抜こうとする。
年月かけて成長した樹
根もものすごく張り巡らせている。
ちょっとやそっとではいきません。
当然です。

今日来て抜こうとしている我々に簡単に抜かせる訳にはいかん。
四苦八苦して当然。
生命維持の強さを思い知らされました。
毎度毎度のことですが…
相応の心構えが必要なのもわかってます。

それ以前にそもそも...

の話ですが...


W杯 開幕まで10日を切りました。
よく見かけた開幕まであと◯日の掲示板の3桁が懐かしい。
いよいよです。


隣町の東大阪市にある花園ラグビー場もその会場の一つ
隣接する施設の植木のお手入れに行ってきました。

植木は手入可


直接関係ないものの 日本だけでなく世界各国のたくさんの人が

通行されるほん側の施設
なんせW杯ですから…
個人的には残念ながらチケットは取れなかった。

チケット 入手不可


「なんだこりゃ。」
美観整備が不十分という印象を与えないよう
いつもよりちょっぴり張り切って作業させてもらいました。

雨にも遭遇し、
めちゃくちゃ暑かったけど…



 


本日の作業も除草
3日目 突入
今日の作業エリアは法面
なんだか、勾配がきつく感じるんですねぇ。
作業しながら、転げ落ちないのはもちろん
地面をしっかり踏みしめることができるよう
こんなアイテム使ってみました。

 


一日中法面作業だと、踏ん張る力も半端ないので,

少しでも軽減してもらおうと

普段 現場では滅多に使わないアイテムに助けてもらうことにしました。

食いつきが良く、滑りにくい。
効果てきめん 気持ち的にも安心、余裕ができる。
珍しいアイテム メリット発揮ってとこでしょうか…


山登りで沢を登ったり、

残雪残る山登りで使用する軽アイゼン
己の仕事でもいい仕事してくれました。
適材適所の道具ってやっぱり重要です。



雲ひとつない青空のもと

こんなに広い広場に居られるのは世間一般 素晴らしいことなのかもしれない。
ところが私にとっては気が遠くなる。

いかんせん この好環境のもと 草刈作業

朝晩 確かに空気が秋っぽくなってきてるのは実感できるが、

日中はまだまだ過酷な暑さと蒸し

草丈もそこそこある部分もまだまだ残っているし、

法面もいっぱい

つる性の草もいてる。

なかなかのもんです。

まぁ こんな時にいつも言い聞かせること


目の前の草を1m2づつ
それで進んでいくしかありません。


全体を見ることも大切ですが、

気が遠くなり嫌気がさすので、

ここは目の前のものしか見ないことにします。


炎天下 時々 止まれば風を感じるでしょう。

 

そんな環境下での草刈作業
現場は大阪 南港
想像しただけで暑そう。
海は近くにあるけど涼しげな雰囲気 皆無


影はトラックの際のトラックの影のみ

一服はそこっ


刈って横たわった草が更に蒸し暑さを増してるし、
結構過酷な環境


熱中症 注意
紙一重のところにいてたのではないか…


外の仕事は今が一番きついです。
冗談抜きで気をつけて乗り切りましょう。
 


今日も暑いっ
サクラの整枝をした。
大きくなったサクラが並んでる。

恐ろしいくらい蝉が鳴いていた。
近寄ってもしばらく鳴いている。
すくそばの蝉は気配を感じ、身を潜めてる感じ。
離れてる蝉は構わず泣き続けてる。
中に入ると思ったよりやかましい。
幹を見る度に嫌でも蝉を見つけてしまう感じ

暑くて、やかましくて、こちらもどうにかなりそうな雰囲気
構わず、負けじと歌ってやった。


即興の歌

桜を伐る馬鹿。 俺は馬鹿。
親指程度の枝しか伐りたくないよっ。
むやみやたらに伐りません。
ちょっとはお利口 植木屋さん。

黙って黙々と…なんてしてられない。
何かで誤魔化したかったんやと思う。

桜の樹の下は影だけども、

非常に暑かった天神祭の今日の作業。


降るのは間違いない。
いつ降るのか…


九州の豪雨のニュースが余計不安にさせる。
半信半疑の作業

 

最近 躊躇なく変わる

半信半疑の天気予報


なぁんか 落ち着かない。


どこまでやろうか、
取り敢えず、薬剤散布はやめとこう。
吹っ切れたら、思い切りやれる作業なのに、
焦らされたら、余計な事ばかり考えてしまってあかん。


なんとか今日はロス作業なく無事終了。


この前の西日本豪雨のこともあるし、
天気予報の傘マークがあまり出現しない傘マークが出てる。
充分 気をつけてください。



道はあるけどかつての道
しばらく 放ったらかしで荒れてる道を開拓して進んでいく。


急な坂道
四駆でないと車両進入困難。
登山しながら、作業していく。
そんな感じ。


昨日は雨でびっちゃんこ
今日は汗でびっちゃんこ
どちらにしてもびっちゃんこ


でも、こんな仕事好き。
自然で働く気分満々。
しんどいし、暑いし、蒸すし、
それらが汗を噴き出させるけど、
うんざりすることなくお仕事させてもらいました。


各国首脳が大阪に集まってきてる中

私は和歌山で剪定業務

 

雨の日剪定はできることならやりたくない。

やっぱりねぇ。

 

でも今日はやらなきゃならない。

やろうと判断した現場。

 

気持ちを入れ替え

カッパ着ててもずぶ濡れになりながら頑張った。

 

雨だから...と言い訳しないよう頑張った。

昼ごはんもパンとコーヒー牛乳にして頑張った。

まぁそれは落ち着いて食えないからだけど...

 

いよいよ 近畿も梅雨入りらしい。

天気予報とにらめっこ。

段取り相談 抜かりなく。

そんな日がしばらく続きそうです。

 

「やらなきゃならない時がある。」

そう言い聞かせて頑張ろう。