2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

もう少し楽観的寄りに身も心もおいてみよう。
いつも何かに追われてるようで余裕が吸い取られてる気がする。
なんとかなるさ。
で、なんとかならんかった時のトラウマが今尚残ってるようで、

の時はその時で割り切れる様な生き方でもいいのではないか…

と…


その判断の基準の物差しさえきちんと測れるように点検は怠らず、

目盛りを一桁あげてみよう。


「一人でなんでもしなくちゃならない」と思わない。
どうせ一人では大したことできてないんだから…


一度きりの人生 日々納得のいく生き方の積み重ね
家族との時間の充実、遊びも充実、仕事も納得


俺にも出来る。
みんなやってる。


いやぁ ほっこり貰いました。
オセロの史上最年少記録更新 チャンピオン誕生の話題


粋ですねぇ。
運命の繋がりですねぇ。
どういう回路で繋がったのか解明できませんでしょう。


チャンピオンが乗った飛行機の機長が

それまでの最年少記録チャンピオンで

機内放送でお祝いの言葉をアナウンスしたなんて…


巡り会う事がなさそうな接点がくっついた。

細かい細かい点と点がくっついた。
そして多くの人にほっこりを与えた。


1機の飛行機の中で世界チャンプの美しい交代式


嫌な、ど汚いニュースが多い中こんなニュースは大歓迎。
私も小学生チャンピオンにはもちろん、

この粋な演出を実行した機長さんにも拍手を送りたい。


日本文化の美しく、素晴らしいところがまだある事を

実証してもらいほっこりさせてもらいました。


粋で素直な賞賛 真似しなきゃ。
忘れてはいけません。


電気の速度に驚かされる昨今
ニュースを見聞きする度にその話題が入ってくる。


ひと昔前のオール電化住宅から始まり、自動車.AI関係


電気なしでは生きていけない電気時代突入して

しばらく経つが未だ最盛期を維持


日々の生活でも、

給油より充電の頻度がダントツで多いし、
我々が使用する機械関係でも、

混合ガソリン使用のエンジンものから、

バッテリー搭載の電気式のものもどんどん登場してる。


発電時点から世間を騒がせ、

人々に便利を与える原動力となり、地球に優しい。
そして決して姿を見せない。
目に見えないエネルギー
流れるのも速い。
正体はどんなやつなのか…

このまま常に身近に居てくれながら、

私には理解できない

姿をみせない存在で、

大変お世話になり続けるのだろうと思う。

雷の稲光 姿を光に変えて目に入る。
音はしばらくしてから爆音で聞かせる。

音より早い電気

 

私が追いつけるわけがない。


正体不明の絶大なるパワーを持つエネルギー
そしてみんなの生活になくてはならない絶対的存在
お近づきになり、ご挨拶したいのだが、
私なんか近づいたら、黒焦げにされてしまうんだろうなぁ…
 


制約を従順に守る事
これって正しい生き方か…

自由が制約により妨げられる葛藤
現代社会で生きていく上で制約は欠かせない。
制約と自由の狭間をうまく立ち回り生きていく。

好きな時に好きなものを好きなだけ食べたら、

どうなるか...


好きな時に好きなだけ寝てしまったら、
どうなるか...


好きな時に、好きなだけ行きたいところに行って遊ぶと、

どうなるか...

せめて、“食う.寝る.遊ぶ”ぐらいは自由にしたい。


そんな本性の実現のために大部分は制約を作って生きている。
そのご褒美として、ひと時の自由を手に入れてるのかもしれません


常に自由な生き方
憧れますが、そう長くは続かない。
間違いなく続かない。
我慢の裏に自由がある。
そういうもの。
次の自由を味わうために、頑張りましょう。
 


印象ってやつは、
怖いものでもあり、有難いものだ。

 

自分の知らないところで植え付けられ、
自分の知らないうちに育てられてる。
気がついた頃には、もう出来上がってしまっていることも少なくない。

 

気づかないうちに…というところがミソで、
気づくことができれば、

修正もできる可能性もあるのだが、

気づかないうちに出来上がってるので誤解も多々ある。

 

根付いて、育ってしまった印象は中々変えられない。
本当は黄色の花なのに、赤い花をつけると思われてしまえば、

さぁ大変。


印象に支配されて、崩さないよう演じなければならなくなると本末転倒
誤った印象を植え付けられない様、いつも素で勝負していかなきゃ

 

自分好みの素の強化が誤解印象を与えない。
また、良いも悪いも本当の自分を分かってもらえる。
本質はここにある。

 

なぜ、こんな事を考えていたのでしょう。