2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

ありがとうございました。
またらお越しくださいませ。


コンビニとか、日常的に利用するお店でよく聞くセリフ
マニュアルであろうが、なかろうが、無言よりかははるかにいい。
お客様に対する感謝の意が、心こもってようが、なかろうがくみとれる。
これって大事なこと。


では、どうだろう。
日常の社会場面で、他人様とのコミュニケーション
エレベーターで“開”のボタンを押してくれて待ってもらってる時、

電車の乗り降り時や、席取り合戦、

歩行中の進路の譲り、譲られ、など…


無言、無表情、無人間性の多いこと
必要以外の無駄な関わりを避けようとする風潮
社会に蔓延してる様な気がしてならない。


しょっちゅう 日常的にお店であんな対応受けているのに、

一歩外に出ると別世界
なんかおかしいと思う。


だから、お店の人に言葉かけてもらったら、

無言で受け取るよりも一言だけでいいから応えよう。

必然反射的に言葉を発する。言葉を返す。

それが人間。それが俺。
ハンバーガー屋で、あのセリフを受け、

「ありがとう。」と返し、

ハンバーガーをかぶりながら、

そんなことを想ってた本日の壱人言


気楽に行こう。
呑気に構えろ。
本当にそれができればいいのになぁ。
なんとかなるさ
も有りかもしれないなぁ。


今年に入って初めての汗。
しかも、滴り落ちる汗。
今年は4/21。
あぁ これからしばらく 汗かき、汗拭い、でも、汗垂れ。
こんな作業が続くのか…
「熱中症に注意」 なんて言葉も

今朝の朝礼でおっしゃってた。
この台詞もばんばん聞かされる時期になりました。
頑張りましょう。


植木市で店に居てたら、

ゆったりした時間がある。
 

蝶が花をつけた樹々の周りを舞っている。
烏の鳴き声が耳に入る。
上を見上げると烏が電線にとまってる。
 

同じ空 飛ぶ生き物
感じ方が真反対


特に烏に困らせられた事はない。
対策は施した事はあるが…
むしろ、蝶の幼虫に大事にしてた樹の葉を食われて

穴を開けられたことがある。
困らせられたのはむしろ蝶の方


なのに…


印象で判断される烏が可哀想に思えてきた。


数万円するGパンを泥んこになっても気にせず、
作業着のように履きこなし、

米国式の大型バイクを下駄を履くかのように乗りこなし、

やると決めたら納得するまでとことんやり倒し、

ヘトヘトになったら、場所もかえりみずへたり込む。
見栄を張らず、食いたいものを食い、
ニンニクだって気にせず入れる。
行きたいところに行く。
したい事は必ず実現する。
人の言う事 聞こえてきたら一度飲み込み
決して、飲み込まれない。
改めるところは意地をはらず素直に対応
過ぎたこと、細かいことは気にせず、先を見て行動する。
但し、人に迷惑をかけることは絶対あかん。
要は、節度をわきまえ、躊躇なく攻めていきたい。
そんな生き方 憧れる。