2018/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

亀が石の上で甲羅干し中
魚が泳いでる。
その波紋が水の上面を揺らしている。
脚の長い鳥もいる。
川の周りに草が生え放題
多分 虫も沢山その中にいるだろうと予測出来る。


一見 自然豊かな動植物の好環境
肝心の川の水はお世辞にも綺麗とはいえない。

ひょっとしたら、奴らはここぐらいしか

棲みつく、寄り付くことできないのではないか…
本当はもっといいところに行きたいのに…
やってくるのも、快適な住環境だからではなく、

喰うために、生きるためだけに…


そう思ったらなんかさびしくなってきた。

先日観た映画、“万引き家族”を見終わった時と似たような感覚を覚えた。

考えさせられる。


今朝 衝動が走った。
大阪北部中心に被害も出た。
らしい…
私の住んでる大阪東部は幸い大きな被害は出なかった。
らしい…

 

いつも通り、家を出て、さらに東の奈良方面の現場へ向かった。
私個人的にはいつもと変わらぬ、いつも通り。
車運転中だったから、揺れにも気付いてない。


家具等が倒れたお宅、通勤通学で足止めを食らった方々、

地震により予定が大幅変更を予後なくされた方、

大変だったことでしょう。
そして被害に遭われた方々
お見舞い申し上げます。


突然やってくる異常事態にてんやわんや。
そりゃ大変。
心情察します。


幸い私はなんら変わらぬ いつも通り
本日を過ごさせてもらいました。
なんか、申し訳ない気分にもなります。
“近くて遠い”そんな本日の自然の脅威を体感しました。


まだまだ油断はできません。
皆さん 気をつけましょう。
今日は近くて遠かっただけかもしれませんから…
 


自分の中の気持ち〜心の状態が行動を決する。
これ間違いない。
しかも、かなりの比重を占める。


同じ事をするのに、

心の状態次第で行動の取っ掛かりからかなり影響する。
心の状態が良くもなく、悪くもなく±0の直線でも、

これからする行動が、気乗りしないものなら、

重苦しい身体と気持ちで行動する


その結果の成果も自ずと納得いかない

負の連鎖を引きずったままのものになる。


行動する前から、その行動とは別の要因で気持ちが晴れ晴れしてなく、

もやもやしてたら、その後の行動にも悪影響を及ぼす。


心の状態を左右するのは人間関係環境要因が多い。
なので、職場.取引先.家族.友人.知り合いとの人間関係を

いかに良好に保つべきか…が鍵になるような気がする。


やっぱり人間関係って大事なんだ。
やらなきゃならないから行動するものも、
やりたいから行動に移すものもある事だし…
同じやるなら、いい状態で行動したいものです。


ならば、その鍵を握る部分を良好にするよう努めるのが最重要
我慢もあかん。
言いたい放題、やりたい放題もあかん。


自由と規制 節度のバランスをうまく調整するのが人間力を左右する。
しいては、行動の連続、行動の集合の人生を左右する。
大袈裟かもしれないが、頭にそれらをかすめておけば、

いい生き方できるんじゃないかと

何故か、樹に登って作業しながらこんな事考えていた本日の壱人言


あかんこと
人に注意しなければならない時、
自分の気分をすっきりさせたい。
ということを引き連れて言葉を放つこと
もやもやを言葉の裏に含めて相手にぶつけて、
もやもやを自分から放出させようとすること

それらを飲み込んで言葉を放つ。
「できればあなたに注意をしたくない。」
という事を前面に押し出して、
「次からあなたに注意をしたくないから、気をつけてなっ」
という思いが伝わるように工夫調整して、言葉を放つ
これ大事


注意したくないから、注意しない。
これもあかん。放置もあかん。


家族間でも、職場間でも、
一緒に暮らしてる。
一緒に仕事してる。
人間同士なんだから、必ず思いは伝わる。


そう信じて、喜怒哀楽の“怒”を一旦飲み込む事も必要
伝われば、飲み込んだ“怒”も知らぬ間にどっかに行ってるはずやから…


ある日、ある時 突然 なくてはならないiPhoneが具合悪くなった。
しかも、画面のタッチが全く応じてくれないという致命的な問題。
メモも取れなければ、メールもラインも見れないし、送れない。
おまけに、電話にも出れない。
手の中で鳴っているのに…
どうやら、中身は何の問題もないみたいなのに…
こうなりゃ 電話だけでなく生活でなくてはならない最高アイテムが

おもちゃの電話になっちゃった。
誰かが呼んでいるのに、応答したいのに応答出来ない。

モヤモヤとイライラ この気持ちは非常によくない。
自分でどうすることもできないあの時間
たまりません。


極端ではあるが、昔々その昔 紙と筆で思いや出来事や依頼事を伝える手段
紙が濡れて無ければ、書ける。
万一濡れてても乾かす手段も知ってるし、乾かせる。
時間はかかるが、ほぼ確実に相手に伝えれる。
それしか手段がなかったのだから、不自由さはさほど感じなかっただろう。


現代 スマートフォンなる携帯パソコンともいえるアイテムを持ち歩き、

その時々に応じて使用するのが当たり前となった今
今更、紙と筆には戻れない生活になってしまっている。
便利なのか、不便なのか、
便利は間違いないが、機能しなくなった利器は何の役にも立たない
その場で自分でどうしようも出来ないのが最大の欠点。
これだけは一長一短どころではなく

自分の力でではどうにかできることはないような気がしてならない。
壊れたら何ともならない 現在の利器
しかし、頼らなければ生活できないのも確か...