2019/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

例にも漏れず、お盆休みを頂きました。

仕事して休んでの前半+最終3連休のお休みでした。

長男も珍しくまとまった帰阪

お墓まいりから始まり、水遊び、お買い物

スポーツ観戦

好きなことさせてもらいました。

 

当然 “暑さ”を感じました。

「これがなかったら、より良し」

なんて感じながら、なんやかんや活動的に動いてたような...

 

家族5人揃っての食事もいつぶりかと思いながら、

数回できましたし、

 

必要ですね。

心身ともに好き勝手に日々を過ごす充実期間

 

なんてことないことが出来ないでいた。

しょうがないと割り切るしかないからそうしてた。

 

それらが今日なら出来る。

そんな数日

 

それがいかに大事なのか、

それがどれだけプラスの作用を与えるのか、

しみじみ。しみじみ。

 

なんてことないことだから、簡単に出来そうなものだから、

いとも簡単に出来る。

 

出来なかったことからの解放

 

いい気持ちにさせてもらいました。

 

さぁ まだまだ酷暑は残ってます。

簡単に出来ることもできなくなる日がやってきました。

次に出来ることを待つ事にしましょう。

 

それまで、自分ができる事、やれなければならない事

頑張る事にしましょう。


この時期 猛暑酷暑の次に悩ませられるのが、
雑草


ある意味感心します。
我々と同じように強烈な太陽光線を浴び、

うだるような高温気温 水も与えられず、
自然の恵みだけで、

この環境下 すくすく伸び、範囲を広げる。
植木畑を見るとうんざりします。


反面 “生きる”という事 たくましさを

まざまざと見せつけられます。


時期にもよりますが、刈られても、踏まれても、抜かれても、

しばらくしたら成長旺盛
厄介者なのは間違いない。


でも、魅了的
視点を変えたら、見習うべきところがあります。
雑草根性とか一昔前 よく言われてました。
昭和人間は今でも身につけたいと思うところもあり、

やっぱり 強さ。とか、耐える。

ということは本能的に求めてる部分なんでしょう。


ラジオから、タイトルまんまのフレーズが流れたきた。

ほんま それっ


毎日毎日 この話題


この時期の挨拶の枕詞
「あっついなぁ」
大概 ここから始まる。

あかんでっ
このギラギラ 容赦無い照らし
マンホールに水がかかったら、湯気を出してます。
このエネルギーを有効活用しまくれば

かなりのもんになると思います。

イケナイ太陽
イケテナイ 俺

毎日 愚痴愚痴
そんなこんなしているうちにいつの間にか…

そんなもんですねっ。
そんでえぇんちゃう。



お心遣いに感謝。


「暑いのにご苦労様。」


言葉を聞かなくても伝わる。
大変有難い。
素直にお気持ち 受け取らせていただき、
遠慮なく飲ませてもらいました。


保冷剤の入れ方にもお気持ちが現れ、
何よりも、冷えた飲み物があの環境下でいただける。
身体のだけでなく、気持ちも癒して頂けました。


この心遣いと対応 逆の立場になっても忘れてはならないと実感
勉強もさせてもらいました。
感謝。感謝。


物欲〜ほしいほしい病
着る服も、履く靴も、はめる時計も、
乗る車も、身の回りにあるもの
生活に困らないどころか、

自分なりに納得したもので囲まれてるはずなのに…


なぜなんだろう。
欲しいものが溢れてくるのは…


なかなかつぶれない。
なかなか破れない。

のに...
充分 サイズも合ってる。
のに...

 

欲しくなる。
無性に欲しくなる。

手に入れたくなる。

いろんな情報が簡単に手に入る。
周りから煽られてる。

ってのもその理由かもしれない。

根本には、なんやかんや言って贅沢なんだろう。

節電節水から始まり、エコ活動の流れ なのに、

はたまた、断捨離なんていう事が、

世に広く深く流れ その流れが大きくなっている。

先の根本に帰り、使えるものは使えなくなるまで使う。
少し不具合があっても、修理して使う。
ものを手に入れるときはよく吟味して手に入れる。
この基本にかえらなければならない。

まだまだ かえりきれてない部分ははあるが、
最近、「これは一生使うつもりで…」

という考えが強くなり、そんなものに囲まれてきだした気がする。


なんでもそう。
愛着もって接する。
一緒に思い出を作ろう。