2019/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
<< >>

手の皮ごつく 大抵は素手で掴んじゃう。
多少のすり傷 ほったらかしで気にならない。

この時期の空気の乾燥で唇 かさかさ
なんか違和感
放っておくと、少し唇が腫れている感覚を覚える。
それが気になり、かさかさを感じるとワセリン 塗り塗り

これが1番効き目あり。

この時期 ワセリン常備は必須
直ぐに塗っちゃう。

私の身体は敏感部分と鈍感部分が著しい。
それに対して異様に相反する対応をしてしまう

自分自身もなんか不思議。


運転こそ余裕をもつべきだ。


いけるかなぁ。
いってもたれっ。


これあかん。


黄信号でも、割込みでも、

余裕を持って運転すれば、ヒヤリもハットもなくなる。
だから、後悔の可能性もかなりなくなる。


えぇことです。


急いでも大して変わらん。
この心の余裕が大事な訳で、
特に季節性は関係ないが新生活が始まり世間が活動的になる今だからこそ今一度
この心の余裕を継続して多面にも浸透させていきたい。

 

こんなん大事やと思う。
 


水捌けの悪い地盤はどないもこないも…
植木を植えるのに穴を掘ったら、水が湧いてくる。
こりゃダメだ。
人の手で出来ることは、専門のメーカーさんと相談の上 対策したが、
はたまた どうなることやら…


小手先の対策でどうなるものでもない。
いやぁ なかなか 植物の順応性に期待。


その狭間でなるべく 健全に育ってくれる事を願って作業を進めた。
肥沃な良環境で育った植木
根を切られ、運ばれて、
「さぁこれからここで生きていこう。」
その先がこんな環境ではがっかりしたに違いない。

私だったら、嫌だもん。
その気持ちも察し、いつもより
丁寧に、優しく作業したのだが、

どうなることやら…


こちらの気持ちも理解した上で、強くたくましく育ってほしい。
そんなちょっと心配で気掛かりが残る本日の作業。


ご互い〜お互い様

が通用しない

社会がある。
組織がある。


甘えてるわけじゃないのだが…
忘れちゃならない暗黙の了解だろっ
そう思ってるのはもはや少数派なのか…


うーん そんな社会で時を過ごしたくないのだが、

辛抱して染まらなければならない時もある。


因果応報 存在説派の私にとっては

腑に落ちないでいるまま 今日も終わろうとしている。
嗚呼。


仕事は道具

そして、腕

それから、経験

 

そんな仕事をしているのかもしれない。

 

「あぁ あの道具があれば...」

 

そんな場面がちょくちょくある。

持って出るのを忘れてたのがほとんどではある。

 

多種多様な道具を扱う職業の一つであるのは間違いない。

持ってない道具もたくさんある。

使い込んだ単純な昔ながらの道具を使うことも多い。

 

今日の作業 穴掘るのに地面が固すぎて、固すぎて、

石もうまってて、かつかつあたる。

 

スコップ一丁しか持ってこなかったのが悔やまれる。

スコップのような形状の刃をつけた電動チッパーが欲しい。

いやっ 贅沢は言わない。

せめて、ツルハシかナンバがあれば・・・

 

穴掘りにスコップは万能ではあるが、もうひとつ上の道具が欲しかった。

 

あぁ 道具がないばかりにしんどい上に効率悪し

 

予測 予期して、“かもしれない...”が足りなかった。

 

万全な対応で現場に臨まなくてはならないことを今一度。

自業自得で疲れながら、馬鹿らしながらの本日の作業。